スキンケアにおいて保湿は必要不可欠ですが、だからといってしすぎるのは良くありません。 保湿をしすぎると、本来肌が持っている機能が低下してしまいます。 そのため、保湿は大事ですが、しすぎには十分に注意してください。 では、どうして保湿をしすぎると肌機能が低下するのでしょうか? それは、保湿をしすぎると肌が保湿をする必要がないと勘違いしてしまうからです。 つまり、本来なら行わないといけないことをやらなくなるという訳です。 保湿をしないと肌が乾燥してしまい、肌トラブルを起こしますが、やりすぎると機能が低下して保湿をしなくなるため、そのバランスが非常に重要になります。 何事もやりすぎはマイナスの効果を出してしまうので、ほどほどにすることが重要です。 もし、保湿を行っても肌が乾燥するという場合は、本来持っている機能がかなり低下している状態だと思ってください。 その場合、肌の機能を元に戻すためにも、美容液やクリームの量を減らしてみるなど、スキンケアのやり方を変える必要があります。